pianissimo

どこかで、猫の声がしたような気がして、見上げてみたら、
廃墟のラブホ・・・今は、野良猫がお客さま?
d0064000_23284288.jpg




お粗末ながらも、日記のようなものをwebで公開していると
とりとめもないことが、浮んでくる。
なぜだか、初めてつけた香水のことを思い出した。
それは、十代の頃だったけど、C.Diorの「ディオリシモ」。
今は、手に入りにくいようである。
この香水を使ったきっかけは、ある歌の中に出てきたからだった。
その曲名がどうも思い出せなくて
亡くなった恋人のことを歌った曲で
「~♪不思議な花の匂いがした、
香水の名前は、ディオリシモ・・・♪」みたいな歌詞だった。
で、検索してみたら、さすがインターネット!
“精霊流し”でおなじみの「グレープ」解散後に、さだまさしの相方が結成した
「吉田政美と茶坊主」というグループの「鎮魂歌」という曲名だった。
アルバムの名前は、「Tree of Life」・・・マニアックやわぁ。
・・・そこで、はっと驚く。
私が昔、少しパッチワークに興味をもった頃、唯一作ったのが(笑)
「tree of life」という伝統的なデザインのクッションだった。
仕事で、社名を考えて欲しいといわれて、提案した名前が
「ライフツリー」だった・・・
今でも、不思議な花の匂いは好きである。
人間の思考&嗜好は、何歳になっても繋がっているものだなあ・・・と。
この「Tree of Life」というアルバム、今はもう持っていないけど
33回転の頃のLPレコードで、思い出してみれば、なかなかいいアルバムだった。
シュールで神秘的で、ブラジリアンサウンドありで、多国籍な雰囲気だった。

ところで、「ディオリシモ」は音楽用語の「pianissimo」由来だろうか。
どこか、はかない感じのする香りだった。
私は、どうやら「フォルテシモ」より「ピアニシモ」が好きらしい。
かすかな記憶や香り、ピアニシモな猫の歩き方(笑)、
緩やかな風や遠くから聴こえてくる音を辿るのが楽しい。

我が家のフウリンオダマキ
風鈴だから・・・耳を澄ませば、ピアニシモな音がするかもしれない^^
d0064000_2334917.jpg

by nekoyama-myu | 2007-04-05 23:28 | 日記

10%のせつなさと自分らしさを写真にこめて Nikon D80


by nekoyama-myu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31