ガイラルディアで遊ぶ

うす曇りの朝陽のなか、マクロレンズで撮影してみました。
d0064000_20522247.jpg





d0064000_21052813.jpg

我が家のベランダで夏も元気に咲いてくれる
ガイラルディア・ピンクスパーク
d0064000_20571554.jpg


d0064000_20551149.jpg


d0064000_20545956.jpg


d0064000_20530823.jpg

朝陽のなかで微笑むありのままの君が一番素敵だけれど

最後にソフトレンズ加工Ver.
d0064000_21151760.jpg


photo by NIKON D80 with Micro Nikkor60mm




にほんブログ村

トラックバックURL : http://plus10.exblog.jp/tb/23280951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by K at 2016-07-08 22:40 x
めちゃくちゃ難しい名前だけど、かわいい花だねぇ

初めてみたかも、、、

写真は楽しいよね~、、、
、、、って私はいつまでもへたっぴ!
でも楽しんで撮ってまーす♪
Commented by nekoyama-myu at 2016-07-09 20:00
> Kさん
和名オオテンニンギクで、そのなかでも
八重のものをガイラルディア・ガリアといい、
そのなかの、ピンクスパークという園芸品種です(笑)。
Kさん、お花に詳しいので、
オオテンニンギクはきっとご覧になったことあると思います。
いろんな新しい品種が開発されてますよね。

Kさんの写真、上手いと思います。
お世辞じゃなくて、その物自体が持ってる色彩の美しさや
おおらかな自然の美しさ、ちゃんと伝わってます。
写真、撮れば撮るほど楽しいです♪
被写体は無限ですしね!
Commented by JKJasmine at 2016-07-09 23:06
こんばんは~。
私もごく最近マクロレンズを買いました。
使いこなせば、きっと良い写真が撮れるんでしょうね。myuさんのお写真とても素敵ですよね~♡
私は、どうも今一つ使い方が分かりません。(-_-;)
家の中ばかりだからなのかな~と思ったり。。
もっと上手くなるには、どうしたら??
Commented by nekoyama-myu at 2016-07-10 10:49
> JKJasmineさん
おはようございます^^
はい、上手くなるには
カメラをしっかり持つこと。
たくさん撮ること。
人の撮った写真をたくさん見ること。
と、以前通っていた写真教室の先生に教わりました。
マクロレンズ、いいですよ~!
でも室内はどうしても暗いのでブレてしまいがちです。
マクロだから、小さいものに近寄って拡大して撮れるのですが、
その分、ブレや動きも拡大されるんですよね。
三脚があればベストですが、おおげさですよね。
身体を何かにもたれかけたり、カメラを何かの上に置いたり。
室内なら、窓辺だとかで撮ってみられては?
写真は光が大切です、とにかく明るい場所で。
なんて、エラそうに書いてしまいましたが、
JKJjasmineさんのマクロレンズ撮影写真、楽しみにしております。
Commented by JKJasmine at 2016-07-10 17:44
アドバイス、ありがとうございます!
すごく分かりやすかったです。
確かに、窓辺でじっくり撮影したものは、キレイにとれましたっけ~。
(もう一つのブログはそれ用に始めたのですが、早くも挫折気味。。。)
マレーシア生活、暑くて外での撮影の機会が少ないですが、面倒がらずにレンズを取り替えて、良い写真が撮れるよう頑張ります♪!
Commented by nekoyama-myu at 2016-07-10 22:16
> JKJasmineさん
こんばんは~^^
大阪も暑くて、夏は早朝か夕刻しか、
外では撮影する気がおこりません。
逆に日差しの明るい日中に窓辺で
家の身近なものからチャレンジしてくださいね。
マレーシアの素敵な雑貨や食べ物、
シアンちゃんの綺麗な瞳やおひげ肉球など(笑)、撮影してみてください。
by nekoyama-myu | 2016-07-08 21:27 | | Trackback | Comments(6)

10%のせつなさと自分らしさを写真にこめて Nikon D80


by nekoyama-myu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30